楽団紹介

創設

明治大学交響楽団は、大正12年(1923年)に新交響楽団(現NHK交響楽団)創設時のメンバーであった故尾原勝吉先生(当団永久指揮者)等の手によって創設されました。これまで著名かつさまざまな指揮者、ソリストを招いての演奏会や、北海道・東北から関西・中国地方への演奏旅行、さらには放送などに活動の足跡を残しています。

現在、千代田区駿河台校舎・杉並区和泉校舎・川崎市生田校舎にそれぞれ部室を設け、団員数は200名を越えます。明大生だけではなく、他大学・専門学校等の学生も在籍し、一丸となって活動しています。演奏会は前期に6月演奏会、後期に定期演奏会、トランペットコンサート、トロンボーンコンサート、そして3月にはセクションコンサートを開催しています。近年では東京六大学オーケストラ連盟に所属し、年1回の合同演奏会を開催しています。

演奏会以外の活動としては、年3回の合宿、入学式・卒業式演奏、学園祭への参加、学内行事での演奏など多岐にわたります。依頼演奏も多く承っており、都内教育・福祉施設等で演奏活動を行っています。

卒団生の団体として明治大学OB交響楽団、Say No Yes Yes吹奏楽チーム、Say No Yes Yes Youth Orchestraが結成され、各団体とも演奏活動を続けています。



永久指揮者 尾原勝吉



明治32年島根県生まれ。大正11年明治大学卒業。在学中ヴァイオリンを習得。卒業後は近衛秀麿・山田耕作氏らとNHK交響楽団の前身・新交響楽団を結成。ヴァイオリン奏者また指揮者としても活躍。昭和32年勇退まで、N響草創期の原動力となる。 以後は母校明大をはじめ学生オーケストラの育成に専心。明治大学交響楽団、東京工業大学管弦楽団、お茶の水管弦楽団、一橋大学管弦楽団、聖心女子大学オーケストラクラブを精力的に指導。昭和53年に引退するまで、各大学ジョイントによる演奏会も数回重ねた。 長年の学生オケ指導に対し、勲五等双光旭日章を受ける。昭和56年3月6日逝去。享年81歳。

幹事長挨拶

明治大学交響楽団のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。第96代幹事長を務めております奥山浩基と申します。

当団は、1923年に故尾原勝吉先生を中心として創立されました。2000を超えるとされる明治大学のサークルの中で唯一のオーケストラサークルであり、部員数は約200名、OB・OG は総勢2000名を超えております。

明治大学交響楽団の活動としては、6月に行う6月演奏会、年末の定期演奏会、3月に行われる、弦・木管・金管打楽器の3つに分かれたセクションコンサートを開催しております。また、卒業式・入学式などの大学式典、公立中学校での演奏、テレビ局の撮影協力など演奏の機会を広げています。

また、2010年に設立された六大学オーケストラ連盟に参加しており、団体内だけでなく、他の学生オーケストラ団体との合同演奏会など様々な活動に取り組んでいます。詳しくは『明オケの1年間』をご覧ください。

当団を構成しているメンバーたちは、幼い頃からずっと音楽を続けてきた人、高校まで運動部に所属していた人、大学から楽器を始めた人など様々でありますが、共通していることは「音楽を楽しみたい」という事であり、聞いてくださったお客様に満足していただける演奏を目指し、日々練習に励んでおります。

また当団には、OB交響楽団、Say No Yes Yes(交響楽団・吹奏楽団)などのOB団体があり、卒団後も再び仲間と音楽をする事が出来ます。

当団では新入団員を募集しております。団員募集のページに掲載されている募集状況は参考程度です。明治大学交響楽団に少しでも興味がございましたらメールにて質問、見学等受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

明治大学交響楽団は「音楽を楽しむ」ことを第一に活動しています。我々が音楽を楽しむことで、演奏会へご来場いただいた皆様ともその楽しさを分かち合えると考えております。

ぜひとも明治大学交響楽団の演奏会のお越しいただき、我々とともに少しでも音楽を楽しんでいただけたら幸いです。



明治大学交響楽団
第96代幹事長 奥山浩基

コンサートマスター挨拶

この度は明治大学交響楽団ホームページに足をお運びいただき、誠にありがとうございます。私は今年度コンサートマスターを務めさせて頂く高橋拓羽と申します。どうぞよろしくお願い致します。

当楽団は今年で創立96年を迎える明治大学唯一のオーケストラであり、4年後に迫る100周年に向けて各学年50人前後、4学年で総勢200名ほどの団員一同、日々精進しております。音楽を作っていく上では団員の多さ故にまとまりのつかないときや躓くときも多々ありますが、その分演奏が完成したときの喜び、そして感動は何事にも代えがたいものです。また、団員はオーケストラ経験者のみならず、吹奏楽経験者や個人で楽器を続けてきた者、パートによっては初心者も在籍しており、それぞれが力を出し合いながらより良い音楽を目指して精一杯努力しております。もし、入団に興味のある方がいらっしゃいましたら団員募集のページに一度目を通して頂いた上でぜひご連絡ください。私たちと一緒に最高の音楽体験をしましょう。

年間の活動として、3月のセクションコンサート、6月と12月の定期演奏会を始め、入学式や卒業式での式典演奏、依頼演奏など多数の演奏を予定しております。それぞれ聞いて下さる皆様に少しでも楽しんで頂けるような演奏ができるよう、団員一同尽力して参りますので温かく見守って頂ければ幸いです。

最後になりましたが、平素より当楽団を応援して下さっている皆様はもとより、熱心なご指導を賜っているトレーナーの先生方、演奏会にいらして下さっている方々への感謝をもちまして締めの言葉と代えさせて頂きます。演奏会にて皆様とお会いできることを心より楽しみにしております。



明治大学交響楽団
第96代コンサートマスター 高橋拓羽

部長挨拶

このたび、明治大学交響楽団の部長を務めさせていただくこととなりました、国際日本学部の鈴木賢志と申します。

実は、私は前任者の向殿政男先生と異なり、恥ずかしながら全く音楽の心得がありません(率直に申せば、向殿先生からは「明治高校つながり」でご指名を受けました)。ですから、このような伝統ある素晴らしい交響楽団の組織の長として名前を連ねるのは少々心苦しいというのが本音です。しかしながら、お引き受けした以上は、精一杯お手伝いさせていただきたいと考えています。

学生時代、私は弓術部に所属しておりました。内容は異なりますが課外活動に力を入れてきた者として、勉強やアルバイトとの両立の難しさも、それを克服し、成果を上げた時の充実感も、理解しているつもりです。交響楽団で活動する学生諸君が、みな、そんな素晴らしい充実感を得て大学生活を送れるよう、少しでもお役に立つことができれば幸いです。

これから、どうぞよろしくお願いいたします!



明治大学交響楽団
部長 鈴木賢志