明治大学交響楽団 Official Site

楽団紹介−創設

 明治大学交響楽団は、大正12年(1923年)に新交響楽団(現NHK交響楽団)創設時のメンバーであった故尾原勝吉先生(当団永久指揮者)等の手によって創設されました。これまで著名かつさまざまな指揮者、ソリストを招いての演奏会や、北海道・東北から関西・中国地方への演奏旅行、さらには放送などに活動の足跡を残しています。
 現在、千代田区駿河台校舎・杉並区和泉校舎・川崎市生田校舎にそれぞれ部室を設け、団員数は200名を越えます。明大生だけではなく、他大学・専門学校等の学生も在籍し、一丸となって活動しています。演奏会は前期に6月演奏会、後期に定期演奏会、トランペットコンサート、トロンボーンコンサート、クラリネットコンサート、そして3月にはセクションコンサートを開催しています。近年では東京六大学オーケストラ連盟に所属し、年1回の合同演奏会を開催しています。
 演奏会以外の活動としては、年3回の合宿、入学式・卒業式演奏、学園祭への参加、学内行事での演奏など多岐にわたります。依頼演奏も多く承っており、都内教育・福祉施設等で演奏活動を行っています。
 卒団生の団体として明治大学OB交響楽団、Say No Yes Yes吹奏楽チーム、Say No Yes Yes Youth Orchestraが結成され、各団体とも演奏活動を続けています。

永久指揮者 尾原勝吉

 明治32年島根県生まれ。大正11年明治大学卒業。在学中ヴァイオリンを習得。卒業後は近衛秀麿・山田耕作氏らとNHK交響楽団の前身・新交響楽団を結成。ヴァイオリン奏者また指揮者としても活躍。昭和32年勇退まで、N響草創期の原動力となる。  以後は母校明大をはじめ学生オーケストラの育成に専心。明治大学交響楽団、東京工業大学管弦楽団、お茶の水管弦楽団、一橋大学管弦楽団、聖心女子大学オーケストラクラブを精力的に指導。昭和53年に引退するまで、各大学ジョイントによる演奏会も数回重ねた。  長年の学生オケ指導に対し、勲五等双光旭日章を受ける。昭和56年3月6日逝去。享年81歳。